養専寺の由来

東光山光秀院 養専寺

  • 宗派 真宗興正派
  • 教区 東讃教区
  • 組   第1組

養専寺は天文元年(1531)安富玄宥が建立、 寛永20年(1643)雨瀧城主安富備前守盛定の後裔である 安富玄誓によって寺構を整えた寺であり 現住職・安富習学は20代目になる   全景 養専寺本堂全景         kaikibutu 開基阿弥陀如来木佛立像 天文元年(1531)養専寺建立の際、 草庵の縁に降りたと伝う

安富氏と養専寺の関連年表

1333年

 安富太郎兵衛、細川氏のもとで足利氏に味方し、 北条高時をたおした戦功により西村荘を賜る
1338年  細川氏のもとで安富氏雨瀧城主となる
1429年  足利義政より安富隼人測量讃州守護職任命
1467年  安富氏、細川勝元側にて応仁の乱に参戦
1523年  安富盛方、寒川元政を長尾に攻め大敗
1531年  安富玄宥諸旦那の助を以って養専寺建立
1540年  安富・寒川両氏による塩木合戦の開戦
1583年  雨瀧城主安富氏長曾我部元親に攻められ落城
1598年  安富氏京都本願寺より再び讃岐に帰る
1643年  安富玄誓富田平蔵に養専寺寺構整える

(大川町史及び大川町立富田小学校掲示年表より抜粋)